PRODUCTS

設計実績

Case Study 2
コールドウォレット端末の開発及び製造請負

依頼内容:プロダクトデザイン、メカ設計、回路設計、基板アートワーク、製造一式(メカ部品、基板、組立)

株式会社AndGo 様からの依頼で開発及び製造を請け負いました

https://www.andgo.co.jp/
プロダクトデザイン

製品の性格上、今までにはない近未来的なデザインが得意なPICMIC株式会社の服部さんにお願いしました。過去にもデザインを依頼し、 幅広い顧客から高い評価を頂いております。

服部さんにお願いしたデザインの一例 (ホームコントロールリモコン)


プロダクトの性格を加味し、スケッチを作成してもらいました。

数案の中からデザインを選んでもらいデザインは決定です。
カラーバリエーションも良い感じです。

設計業務

メカ設計には3DCAD Creo Parametricを使用しました。まずはデザイン通りに外観データを作成します。

次に部品道の分割ラインを極力目立たないように部品を分割します。
その後、基板、液晶、電池をレイアウトします。

製品外形を大きくしないと構造が成立しない箇所が出てきました。こういう場合はデザイナーと協議し、どの方向に大きくすればデザインを崩さないか決めてもらいます。
製品外形の承認を取るために製品外形図を作成します。
図面もCreo Parametricで作成しました。


詳細設計

詳細設計で考えるのは主に強度、コスト、組立性です。構造面の細部を詰めていきます。
具体的には電池カバーの脱着は問題ないか、SDカードの出し入れは問題ないか、ボタンは引っ掛かり無く押せるか、などを設計。

回路設計

回路設計は協力会社へ委託しました。製品仕様に沿った回路図が出来上がります。


基板設計

Creo Parametricでレイアウトした電子部品を元に基板図を作成




アートワークが出来上がり、いよいよ製造にかかります

量産

試作で課題を洗い出し、量産に移ります。

AndoGo様には、今回の製品の前に別デザインでの設計・試作も担当させて頂いたため、このプロジェクトには2年ほど携わりました。
今回の事例紹介にもご協力いただき、誠に感謝です。
より多くの人に使って欲しいですね!